HOME> 一覧 > 『2018 みちグルメ=夏の陣=』 〜関西エリア~

『2018 みちグルメ=夏の陣=』 〜関西エリア~

2018みちグルメ=夏の陣=

※グルメの画像をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。

みちグルメ=夏の陣=

中国エリア 四国エリア 九州エリア

  • 名神高速道路
    西名阪自動車道
    阪和自動車道
  • 舞鶴若狭自動車道
    中国自動車道
    山陽自動車道
    第二神明道路

レトロなハヤシコロッケ
950円
明治維新の頃、西洋の食文化として日本に入ってきたハッシュドビーフとクロケット。日本の食文化風にした、レトロなハヤシライスと牛肉コロッケです。


鰻ちらしと彩り野菜の冷やしそば
1,150円
『維新の三傑』と称される、西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允が好んで食べたと言われる、鰻の蒲焼き・ちらしずし・揚げ豆腐を組み合わせたメニューです。


文明開化 牛肉カレー
1,380円
滋賀県産コシヒカリにレストラン「グリル逢味」オリジナルカレーソースと牛肉を使用し、シンプルに、文明開化の代表である洋食カレーを再現しました。


ジャパンファームの桜島どりの皿うどん
890円
「西郷隆盛」の故郷である鹿児島県のシンボル「桜島」をイメージした特製皿うどんです。赤身の多いジャパンファームの桜島どりの唐揚げがゴロゴロと入っており、食べ応え抜群です。


大和牛の維新さざなみ重
1,180円
奈良の銘牛『大和牛』を使用。明治期から食され始めた牛すき焼き風に仕上げました。大和牛の上質な味わいと文明開化の波が押し寄せる盛り付けをお楽しみ下さい。


(左)大阪風カツカレー丼(右)金沢風カツカレー丼
980円
明治5年に初めて日本にカレーが伝えられたという歴史と、カツとカレーが出会って100年目の歴史のつながり。今も人気のカツカレーをキャベツの上にのせた懐かしさのある丼メニューです。西郷隆盛ゆかりの鹿児島県産の豚肉を使用。


牛すきとろろそば(ミニカツレツ丼付)
1,380円
明治時代から食され始めた牛肉をすき焼き風に炒め、冷たいとろろそばにトッピングしました。カツレツも明治時代から食べられ始めたと言われており明治維新をイメージして現在風にアレンジしたボリュームのあるメニューです。


文明開化のビフカツライス
1,300円
牛肉文化圏である関西ではお馴染みのメニューで、明治初頭のカツレツがもとになっています。ビフカツには定番のデミグラスソース、ライスにはオニオンフライを合わせサッパリサラダとご一緒にどうぞ!


牛カツビーフカレー
1,080円
明治期に導入され、広く普及したカレーライス。牛肉も一般的に食されるのは明治期から、牛カツを載せた本格ビーフカレーを召し上がれ。


レトロモダンなビーフカツレツセット
1,500円
兵庫県の初代知事伊藤博文が、欧風文化を積極的に取り入れ、好んで牛肉を食べたことから広まったと言われるビーフカツレツ。夏野菜を添えて自家製デミグラスソースとともにご提供します。


すき煮丼~農村部・食の文明開化
1,180円
明治維新を代表する食べ物の「牛鍋」。その牛鍋が日本独自の調理法で生まれかわったとされているすき焼きを、丼ぶりにアレンジしました。まずはそのままで、次にふわふわ卵をかけてお楽しみ下さい。


明治ハイカラ洋食プレート
1,480円
明治に始まった洋食をお皿に詰め込みました。鹿児島産茶美豚のヘレカツと自家製一口コロッケ、トマトスパ、とろーり玉子の衣を着たオムカレーに夏野菜を添えました。


官兵衛の牛カツ膳
1,490円
奈良時代から約1,000年続いた肉食禁止文化も終焉を迎え、人々が肉料理を口にするようになり、明治時代に様々な西洋の肉料理が生まれていきましたそこで官兵衛では「牛カツ膳」を新たな肉料理として考えました。


黒豚ロースかつと山口瓦そば風鉄板焼
1,260円
山口名物瓦そば風に茶そばを(本来は瓦の上で焼きますが)鉄板で焼き上げた上に特製の黒豚ロースかつ・ねぎ・もみじおろしをトッピンクしました。そばつゆにつけて召し上がってください。つゆと黒豚の相性がバツグンです。


明治モダン洋食ご膳
1,500円
文明開化ともに、多くの洋食文化が入ってきました。明治時代に人気のビーフシチューやトンカツ・海老フライをモダンに仕立て上げました。


出石そばとすき焼き饅
1,380円
桂小五郎が幕末に幕府に追われて一時出石に身を隠します。その出石の名物である出石そばと明治に流行したすき焼きを饅頭にいたしました。そばと饅頭の組み合わせをお楽しみください。


鍛冶屋の街 三木御膳~茶美豚のしゃぶしゃぶと但馬どりの天婦羅~
1,580円
薩摩藩の西郷隆盛は豚肉料理を好んで食べていたという説もあり、鹿児島県産の茶美豚を鍛冶屋の街三木市の特産金物「鍬」「小鍋」に盛り付け御膳に仕上げました。但馬どり、明石海苔素麺など地産地消の食材と一緒にお召し上りください。


わっぜうまか御膳
1,868円
明治維新ゆかりの薩摩。その豊かな郷土の歴史と素材を御膳に彩りました。きびなご・とびうお・薩摩あかえび、遥か現地にて吟味した素材のみを皆様にお届けします。


兵庫県政150周年神戸ハイカラ夏カレー1869
1,280円
明治維新の功労者である伊藤博文が1869年初代兵庫県知事に就任し、漁村であった神戸を国際貿易港として発展の礎を成した。港町のイメージはカレー。お洒落&ハイカラなカレーに仕上げました。


角煮丼とさつま揚げうどん
1,380円
薩摩で古くから食されていた豚肉。豚肉を好んで食べたと言われる西郷隆盛をイメージし丼に。旬の枝豆が入った薩摩揚げのうどんとセットでお召し上がりください。

インフォメーション

関連リンク